予算で内祝いを選ぶコツ

半返しは必須ではない?

一般的には、内祝いはいただいたお祝いの半額から3分の1程度をお返しするのが目安といわれています。 しかし大勢から贈られている場合、親戚友人目上の方部下など立場も肩書も様々、当然いただいた金額にも開きがあります。 お見舞いなどで品物を贈られた場合に、金額がわからないということもあります。 そこで一律に1500円から5000円程度までと予算を決めて、誰にでも気兼ねなく喜ばれそうな品物を贈るという選択もあります。 そのうえで、特に親しくつき合っていたり高額なお祝いをいただいた方には、一緒に食事をしたり旅行のお土産を渡したりして直接挨拶をしてフォローするということもできます。 肝心なのは感謝の気持ちなので、のし紙や送り状を忘れない、関係性次第では個別にメッセージカードをつける、早すぎず遅すぎない時期に贈るなどに気を遣った方が良いでしょう。

負担にならない程度の高級感を出す

贈り物を選ぶ時は実際の値段より適切な高級感を重視した方が良いでしょう。
相手にもらって嬉しいと思ってもらえることが第一なので、「高そう」「安っぽい」などを考えさせないような、「センスがいい」「おいしそう」など、中身に注目が集まるようなものを選びたいところです。
あまり詳しく好みを知らない相手には、焼き菓子やタオルを贈ることが多いようです。
お菓子は賞味期限に気をつけて、贈り先の人数を考慮して予算内でそれぞれ違うセットを選びましょう。
タオルは白は避け色柄ものにするのが無難です。
自分にも相手にも負担にならない、気持ちの良いお祝いのやり取りがしたい。目的はそれだけなので限られた予算はそのために使っていきましょう。